Our Service

事業案内

深刻な固定資産税や資産運用の悩みを解体を通して解決へ

建物を解体する、この行為そのものに利益はないのですが、建物を所有するという行為に対して課せられる税金や資産運用における重圧を解消する一つの方法として、解体工事が適切であるケースがございます。特定空き家問題がその一つであり、老朽化した特定空き家を解体することで、土地のみに固定資産税が課税され、さらに土地の売却といった道が開けていくでしょう。このように固定資産税や土地の資産運用の悩みを抱える個人様・法人様に対して、高品質の解体をお届けするスタッフを、株式会社杉建では現在藤沢近隣で求人中です。

事業案内

特定空き家指定され悩んでいる近隣住民の方々に寄り添った解体を

特定空き家とは、空き家状態が長かったり老朽化やゴミが著しく、近隣住民への被害が深刻と判断されたり、このようなときに指定される制度です。これによって、これまで住居用の建物が建っている場合に免除されてきた建物への固定資産税も、通常通り課税されるようになり、空き家の維持コストが増してしまうといったリスクがあります。

何より、近隣住民の方々にとって、景観を損ねる上にゴミ等が異臭を放ち、最悪のケースでは周辺地域の地価の下落まで招いたりと迷惑極まりないことも少なくありません。そこで特定空き家指定された建物を解体することで、持ち主を固定資産税の重圧から解放し、近隣住民の方々の悩みを軽減できるようお手伝いいたします。このような空き家問題に関して何かお悩みの際には、無料相談のお問い合わせをお待ちしています。

土地の資産運用の見直しに対しリーズナブルかつ高品質な解体を

マンション・ビルなどが老朽化の問題に直面し、これ以上この建物の状態で資産運用を進めていくのは難しいと場合、解体を通して土地の運用方法を検討することがございます。新しくマンションやビルを建てたり、土地を売却してさらに投資価値の高いものへ投資したりと、その選択は人それぞれです。

その際、可能な限りリーズナブルかつ最高品質の解体工事を進めることで、法人様の資産運用プランの見直しをサポートしてまいりました。例えば、解体で輩出が必須の産業廃棄物、これらの廃棄を外注すると手数料分料金が上乗せされてしまいますが、これを自社で請け負うことでコストカットしているのです。さらに、木造解体で出た木くずは独自のルートで5分の1の費用で廃棄しつつ、施工中も廃棄物の仕分けを常に行うことで工期の短縮へと繋げています。

建物を資産として保有することは、一見とても有意義なことに思えるかもしれませんが、維持コストがかかったり資産運用のプレッシャーがかかってきたりと、相応のリスクを伴うものです。マイホームを所有した際の定期メンテナンスや、固定資産税の支払いもその一環であり、そして自分達がいなくなった際にその建物を子どもに引き継ぐ際の固定資産税や、空き家問題は深刻化の傾向が見られます。さらに、マンションやビルの老朽化に伴って、入居者やテナント契約の減少によって、収益が減ってしまうこともまた頭の痛い問題です。

このような個人様・法人様の固定資産税の支払いや資産運用のお悩みに対して、株式会社杉建では解体工事といった一つの選択肢を提案し続けてまいりました。施工は騒音や粉塵を最小限にしつつ、近隣の方々への挨拶回りは欠かしません。さらに、排出される産業廃棄物は自社で処理するため、外注費用が解体費用に上乗せされることもありません。さらにより高品質な解体サービスの提供に向け、藤沢で求人情報も公開しています。このように会社の将来を担う若手の解体工を育成しつつ、お客様一人ひとりのお悩みに寄り添った解体をお届けいたします。

Recruit

新着求人

  • 更新日:2021年07月02日

    現場作業員

    雇用形態 正社員
    地域 神奈川県
    給与

    月給25万~

    老朽化した家の建て替えや、土地活用としてのビル解体工事などを行っています。解体工事は、解体する建物を事前に調査して、解体方法を選定します。 選定後、それに基づいた作業工程の内容を検討します。

    この求人を詳しく見る

Recruit

募集要項

アイコン